豊岡市・福知山市で高性能な注文住宅なら株式会社グローイングへ
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

朝来市の水害リスクは?注文住宅に必要な耐震性も解説

家づくりノウハウ
公開日:2024.03.29
最終更新日:2024.04.26
株式会社グローイングの家づくり写真
株式会社グローイングの家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.03.29
最終更新日:2024.04.26

朝来市の水害リスクは?注文住宅に必要な耐震性も解説

住宅(水災被害)
土地選びの際は、生活の利便性だけでなく土地の災害リスクについてもチェックしておくことが大切です。災害リスクが高いエリアに何も対策をせず家を建ててしまうと、建物が大きな被害を受けるかもしれません。今回は、兵庫県朝来市のハザードマップから水害や地震災害のリスクについてお伝えします。朝来市の注文住宅で必要な水害対策や、耐震などの地震対策もご紹介しますので、参考にしてみてください。

目 次

朝来市で水害・土砂災害・液状化のリスクが高いエリアは?

住宅のミニチュアと洪水ハザードマップ
朝来(あさご)市は、1,000m級の山々に囲まれた中山間地域となっています。また、日本海へ流れ出る一級河川「円山川(まるやまがわ)」や、瀬戸内海へ続く「市川(いちかわ)」の源流域です。市川の水源地域はオオサンショウウオの生息地となっているほど、きれいな水が流れています。

朝来市は、河川に沿った平地や谷あいの地域に農地が広がっており、水害や土砂災害には特に注意が必要です。注文住宅を建築する前に、ハザードマップを確認し、災害リスクを確認しておきましょう。

参考元:朝来市「朝来市の概要」
参考元:朝来市「朝来市都市計画マスタープラン」

水害リスクが高いエリア

ハザードマップによると、朝来市では円山川とその支流周辺が洪水・内水のリスクが高いエリアになっています。2009年8月の台風9号では、床上・床下浸水や、建物の全壊・半壊被害が出ました。川に沿って市街地が形成されている朝来市ですが、注文住宅を建てる際は水害リスクを避けて土地を選んだ方がよいでしょう。

なお、朝来市は海に面していない内陸の中山間地域のため、津波のリスクは低いと考えられます。

参考元:兵庫県「C.G.ハザードマップ」

土砂災害リスクが高いエリア

土砂災害は、大雨や地震がきっかけで山や崖が崩れたりする自然災害です。ハザードマップによると、朝来市では鉄道路線や河川の周辺で、土砂崩れの危険度が高くなっています。2017年10月の台風21号では、雲海で有名な「竹田城跡」周辺が土砂崩れの被害を受けました。朝来市は山に囲まれた地形のため、土砂災害のリスクにも注意して土地選びをすると安心でしょう。

参考元:兵庫県「C.G.ハザードマップ」
参考元:兵庫県「土砂災害警戒情報 過去履歴」
参考元:朝来市「朝来市ハザードマップ 土砂災害・浸水想定(計画規模降雨)」

朝来市の液状化リスクは?

液状化とは、安定していた地盤の砂粒の結びつきが地震の揺れによってバラバラになり、地盤が液状になる現象のことです。ハザードマップでは、和田山JCTの周辺地域に液状化危険度が示されていますが、危険度は低いとされています。

参考元:兵庫県「C.G.ハザードマップ」

朝来市で注文住宅を建てるならどこが安全?

考えごとをする小さな子どものいるファミリー
朝来市は、円山川の周辺と山の斜面沿いで災害リスクが高くなっているのが特徴です。商業施設が立地する和田山エリアは生活の利便性がよい地域で、弥生が丘や秋葉台などの分譲地があります。ただし、分譲地エリアでも土砂災害のリスクが高まっている場所もあるので、ハザードマップで確認するとよいでしょう。

また、山東エリアは、梁瀬駅の南側の地域が住宅地になっていて、比較的水害や土砂災害のリスクが低くなっています。朝来市で注文住宅を建てる際は、山東エリアも検討に入れてみてはいかがでしょうか。

被災した時に朝来市で受けられる支援はある?

災害発生後の証明書発行
国は「被災者生活再建支援制度」を定めており、洪水・地震・津波などの自然災害で住宅が全壊・半壊したときは支援金を受け取れることになっています。この他、朝来市では、住宅の半壊に対し25万円、床上浸水で損害割合が10%~20%未満の場合は15万円、床上浸水で損害割合が10%未満の場合に10万円を支給する制度を実施。床上浸水の損害範囲が小さくでも支援金を受け取れるようになっています。

参考元:朝来市「朝来市被災者生活再建支援金交付要綱」

朝来市の家づくりでできる災害対策は?

木製フェンスのあるグレーの吹付の家
朝来市では、過去に水害や土砂災害が起きているため、家づくりの際は災害への対策をしておくと安心です。具体的にどのような対策ができるか確認しておきましょう。

水害対策

注文住宅を建てる際の水害対策には、次の方法があります。

・ハザードマップを確認し水害リスクが低い土地を選ぶ
・盛り土をして地盤を高くする
・基礎を高くする
・ピロティ構造にする
・防水壁を設ける
・防水性のある外壁を採用する

水害対策として、まずは土地選びの際にハザードマップを確認しておき、水害リスクが低い土地を選ぶことが重要になります。土地の高さに注目し、高台エリアを選ぶのもひとつの方法です。もしも水害リスクのある土地に家を建てる場合は、地盤・基礎を高くする方法や、防水壁・防水外壁を採用する方法などを検討するとよいでしょう。

地震対策

地震によって、土砂崩れや液状化が起きたり、建物が倒壊したりすることも考えられます。地震被害を防ぐためには、次の対策をしっかりと検討しましょう。

・地盤調査を行う
・地盤改良を行う
・地震に強い構造にする

家を建てる前に、土地の地盤が地震に強いかどうか地盤調査をすることが大切です。地盤調査の結果、強い地盤であればそのまま家を建てられますが、軟弱地盤だった場合は地盤改良を行わなければなりません。地盤改良の工法には「表層改良工法」「柱状改良工法」などがあり、地盤や建物に合った地盤改良が必要ですが、工法によって費用が異なります。

また、地震対策として家の構造を強化する方法も有効です。例えば、補強材や耐力壁を設置して建物の耐震性を高める耐震構造や、免震装置を設置して建物に揺れを伝えにくくする免震構造などがあります。

朝来市の注文住宅はグローイングにお任せください!

小上がりベンチのあるリビング
朝来市は、山地に囲まれており、谷あいに農地や住宅地が形成されているのが特徴です。大きな河川もあるので、水害や土砂災害に注意して家づくりを進める必要があります。

グローイングでは、土地選びの段階から家づくりをサポート。10年後・20年後の生活を見通し、愛着を持って住み続けられるような土地を提案します。土地の形状や向きなど特徴を生かしたプランニングを得意としているので、個性的な土地でも各世帯に希望に沿った設計が可能です。
また、グローイングが手掛ける家は地震に強いのも特徴のひとつ。揺れの力を分散させながら、面全体で家を支えるパネル工法を採用しています。朝来市で注文住宅をお考えの方は、高耐震で快適な住まいを提供する株式会社グローイングにご相談ください。
#兵庫県朝来市#注文住宅 #新築 #性能 #耐震 #災害 #水害対策

おすすめの施工事例
こだわりのマイホームをご紹介します。

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

株式会社グローイングの家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

株式会社グローイングの家づくり写真

お問い合わせ
個別で家づくりのご相談を承ります。

和田山 studio
住所
兵庫県朝来市和田山町加都65-2
営業時間
09:00~18:00
休業日
GW・年末年始
福知山事務所
住所
京都府福知山市和久市町334番地
営業時間
09:00~18:00
休業日
GW・年末年始