豊岡市・福知山市で高性能な注文住宅なら株式会社グローイングへ
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

養父市で地震や水害に強い注文住宅を建てるなら?耐震性やエリアをチェックしよう

家づくりノウハウ
公開日:2024.04.25
最終更新日:2024.05.10
株式会社グローイングの家づくり写真
株式会社グローイングの家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.04.25
最終更新日:2024.05.10

養父市で地震や水害に強い注文住宅を建てるなら?耐震性やエリアをチェックしよう

耐震
養父市は、兵庫県北部の山間に位置する自然豊かなエリアです。市役所など公共施設が集まり主要道路が通っている養父市東部には、南東から北東に向かって一級河川・円山川が流れており、多雨多湿のため水害や土砂災害には注意したいところ。そこで今回は、養父市のハザードマップから水害・土砂災害などの危険エリアの確認と、注文住宅を建てる際に注目しておきたい土地選びのポイントを解説します。

目 次

養父市のハザードマップをチェック

木目ダイニングから見えるキッチンと階段
ハザードマップとは、水害や土砂災害、地盤の強弱など自然災害の危険性が高いところを視覚的に確認できる地図です。避難場所や避難経路なども記載されており、インターネットに掲載されたものを確認するほか、市区町村の役場などで紙媒体のものを入手することができます。養父市のハザードマップは、養父市公式サイトの「防災マップ・ハザードマップ」から地区ごとにダウンロードできるほか、兵庫県の「兵庫県C.Gハザードマップ」から重ねるハザードマップを確認できます。

参考元:養父市「防災マップ・ハザードマップ」
参考元:兵庫県「兵庫県C.G.ハザードマップ(自然災害対策情報ポータルサイト)」

ここからは養父市のハザードマップから、養父市で特に注意すべき水害が発生しやすいエリアや土砂崩れ、液状化が発生しやすいエリアについて解説します。併せて事例もご紹介しますので、これから養父市に住まいを構えようと考えている方や、養父市で注文住宅を建てようと考えている方は参考にしてみてください。

養父市で水害が発生しやすいエリアは?

養父市は海に面していないため津波の心配はないといえます。しかし、市の東部に流れる一級河川・円山川を中心に、支流沿いも含めて水害に悩まされることが多い土地です。2018年の西日本豪雨では明延地区に5日間累加雨量477mm、直近では、2021年の前線による大雨において奈良尾地区で3日間累加雨量323mmを記録するなど、多雨多湿の土地でもあります。
特に円山川、大屋川、建屋川沿いは、洪水が起こった際には5mから10mを越える浸水が予想されるため、家づくりには水害対策をしっかりと反映させることが重要です。河川沿いに街が形成されている養父市の中で比較的水害が発生しにくいのは、小佐川沿いの八鹿町エリア、但馬アルペンロードなど観光資源が豊かな奈良尾エリアです。

参考元:養父市「資料編 資料1-1-2養父市における過去の累加雨量の記録」P6

土砂災害・液状化が発生しやすいエリアは?

防災マップ
次に、土砂災害と液状化についてハザードマップから確認していきましょう。
土砂災害は、大きく分けて土石流・地すべり・がけ崩れの3種類に分けられます。どれも大雨や雪解けなどで地面が水をたくさん含むことで起こり、地震がきっかけとなって起こるものもあります。
養父市の中で土砂崩れが起こりやすいのは、市の北部八木川沿いと、市の東部円山川・大屋川沿いです。過去に土砂災害が多く確認された場所でもあり、県が土砂災害の対策で砂防堰堤の設置を進めています。
液状化は地震が発生した際、地盤がドロドロの液状になることです。養父市は比較的揺れやすい土地のため免震や耐震など揺れに対する対策の必要がありますが、液状化に関しては危険度が低いとされています。そのため、家を建てる際に地盤改良をする必要性は少ないといえるでしょう。

参考元:全地連「技術フォーラム2018」兵庫県養父市域における崩壊地発生場の特徴
参考元:兵庫県「平成30年7月豪雨の概要と主な事業効果事例」
参考元:兵庫県「-地震被害想定結果 図表-【養父断層帯地震編】①」P2、P3

養父市の家づくりは水害対策が必須!可能な対策は?

グレーと木張りの外壁の家
養父市では特に水害対策を充実させることが大切であるとお伝えしましたが、実際に注文住宅を建てるなら、家づくりにはどう反映すれば良いのでしょうか。
まず、床上浸水に耐えうるよう家の基礎を高くしておくことが大切です。家そのものが高くなるため、家の中からの景観が良くなるほか、日当たりも良くなります。分電盤を1階と2階で分ける、キッチンやトイレなど生活に必要な所を高台へ集約するなども、床上浸水の場合には効果的です。
また、防水性の高い外壁を1階部分に採用する、住宅性能の気密性を高めて家屋内への浸水を防ぐなども効果的でしょう。養父市を含む但馬地方で家づくりを手掛けるR+house加盟店のグローイングであれば、高断熱高気密の注文住宅を低コストで叶える仕組みが整っているため、ハードル低く取り入れることが可能です。外壁など住宅のハード面は定期的なメンテナンスが必要ですが、グローイングはアフターサポートプログラムとしてホームリペアやメンテナンスに関して充実の保証・サービスを提供しておりますので、安心してお任せください。

養父市で注文住宅を建てる!土地選びのポイントは?

ハザードマップで避難経路を確認する家族のイラスト
水害や土砂災害とは切っても切れない関係を持つ養父市。養父市や兵庫県が公開しているハザードマップを確認することと併せて、もしものときのために避難経路・避難場所を確認し、逃げやすい場所を選ぶのがおすすめです。家が被災を逃れたとしても、インフラ環境が被災して使えなくなる場合もあります。避難所では災害時に物資の供給も行われるため、家が避難場所に近いもしくは行きやすい場所にあれば、不便さの解消につながるでしょう。

養父市で注文住宅を建てるなら株式会社グローイングで決まり!

小上がりの間接照明が落ち着く和室
株式会社グローイングはR+house加盟店。建築家デザインの高性能住宅を低コストでご提案できるのが強みです。さらに養父市をはじめとした但馬地方の土地を知り尽くした工務店ならではの視点で土地探しからお手伝いいたします。無料個別相談会など家づくりイベントを随時開催しておりますので、まずはお話しをお聞かせください。養父市で注文住宅を建てるなら、グローイングへ。
#兵庫県養父市#注文住宅 #新築 #性能 #災害 #水害対策

おすすめの施工事例
こだわりのマイホームをご紹介します。

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

株式会社グローイングの家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

株式会社グローイングの家づくり写真

お問い合わせ
個別で家づくりのご相談を承ります。

和田山 studio
住所
兵庫県朝来市和田山町加都65-2
営業時間
09:00~18:00
休業日
GW・年末年始
福知山事務所
住所
京都府福知山市和久市町334番地
営業時間
09:00~18:00
休業日
GW・年末年始